【2020年シーズンの運営体制及びCS日程のお知らせ】

福島レッドホープスでは、ルートインBCリーグ2020年シーズンの運営体制及びCS日程について以下の通りお知らせ致します。

○2020年シーズン ルートインBCリーグ運営体制について

地区分けについて
12球団を3地区6グループ制とする。

東地区
グループA:茨城アストロプラネッツ、栃木ゴールデンブレーブス
グループB:埼玉武蔵ヒートベアーズ、神奈川フューチャードリームス

中地区
グループC:福島レッドホープス、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
グループD:群馬ダイヤモンドペガサス、信濃グランセローズ

西地区
グループE:富山GRN サンダーバーズ、石川ミリオンスターズ
グループF:福井ワイルドラプターズ、オセアン滋賀ブラックス

通期制にてリーグ戦を実施する。

リーグ戦試合数及び開催方法
・年間60 試合(ホーム30 試合、ビジター30 試合)とする。
・対戦数が多いチーム同士でグループ(A~F)を編成し、グループ内で勝率が高いチームが地区CS へ進出する。

 

○プレーオフについて

2020 BCリーグ CS日程及びトーナメント表の詳細はこちらから。

【グループ毎の地区CS進出を争う条件】
・各グループ毎に勝率を競い、勝率の高いチームが地区CSへ進出
・勝率が同率の場合、リーグ戦の以下成績によって出場チームを決定
①直接対決の勝敗
②直接対決の得失点差
③直接対決の得点率

【地区CSホームの原則】
・リーグ戦の地区毎において勝率が高いチームがホーム
・勝率が同率の場合は以下の成績によってホームを決定
①直接対決の勝敗
②直接対決の得失点差
③直接対決の得点率

【リーグCSのホーム原則】
・プレーオフでの直近試合の得失点差が高いチームがホーム
・プレーオフ直近試合での得失点差が同じ場合、以下の順番でホームを決める
①プレーオフ得点率
②リーグ戦勝率
③リーグ戦得失点差
④リーグ戦得点率

【CS勝ち上がりの原則】
・全て1試合勝負
・勝利チームが次のステージへ(ワイルドカードを除く)
・引き分け、雨天中止等は予備日へ振り替える(予備日は各2日間)
・予備日も全て使い切った場合は以下の順で勝ち上がりを決定

「地区CS」
①リーグ戦の直接対決の勝敗
②リーグ戦の直接対決の得失点差
③リーグ戦の直接対決の得点率

「リーグCS」
○準決勝:ホームチーム
○決勝:2チーム優勝

※得点率(=総得点/攻撃イニング数)